ローカーボの理由 続き

(前日の続き)

私が何故、ローカーボ生活を始めたか。


当初、ダイエット方法の1つとして糖質制限を知りました。

医者から「減量しろ」と言われましてね。


数々ある理由の中でも一番大きなものはガンでした。

そう、あの癌です。


ガン細胞は健康な人の体内でも毎日数1000個発生します。

そして、ガン細胞の活動源はブドウ糖のみ。

ガン検査でブドウ糖を使うのも

ブドウ糖が好きな習性を利用しているからです。

(糖とガン細胞の関わりを記した文献も結構あります)


病を患い、免疫力が下がっている時は

心身のバランスが崩れて他の病気も発症しかねません。

弱っている時に今の食生活を続ける事は

ガン細胞を増殖させ、自らガンを発症させるようなもの。


身体を守れるし、体重も落とせて一石二鳥。

それが糖質制限を始めた理由です。


入院生活を経て健康になった(と思う)今でも

スタンダード糖質制限を続けています。

以前よりも野菜を食べるようになったし

たくさん食べても退院時の体重をキープ出来ています。

やらなきゃいけない事や自分の目標があるのに

病気で阻まれるのは真っ平御免。

大病を患ったのに、これ以上病気になりたくないもの。



ここをご覧になっているアナタ。

自分が病気になった事で泣いちゃう人はいませんか?
関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

ランキング
Ctrl+クリックで一括応援♪
人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
ボランティア
1クリックで出来る社会貢献
クリックで救える命がある。
Translator
プロフィール

DAIDAI

Author:DAIDAI

つぶやき
ブログ村ランキング
月別アーカイブ
私がペット化したら…