FC2ブログ
2018 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 10
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
大阪城ホールライブ アンコール編
- 2006/12/30(Sat) -
長くなったので分けました。
本編と同じく、内容の正確性は保障いたしかねます。
雰囲気のみお楽しみ下さい

【アンコール1】

エンジェルベアをパスしながらBEAT BOYS登場。
Mr.SAKURAI:今日もALFEEじゃ出来ないダンサブルでカッコいいナンバーをバコバコやるぜ~
Mr.SAKAZAKI:バコバコって…(失笑)

エンジェルベアチョコを客席にプレゼントし始める3人。

Mr.SAKAZAKI:このチョコを食べると踊りたくなる

と言うとMr.SAKURAIがThat's the Wayに合わせて踊り始めました。
途中からどじょうすくいに代わってしまい、2人に突っ込まれるMr.SAKURAI。

Mr.SAKAZAKI:チョコを食べると、オペラが歌いたくなる

といってMr.SAKURAIにオー・ソレ・ミーヨを歌わせてました。
きゃ~、ステキすぎます

Mr.SAKURAI:一番右の白いヤツ!あの天然ぶりはホンモノ
真ん中のヤツのスケベはホンモノ
そして…一番左のヤツが馬鹿なのはホンモノ

という感じのMCから
HARD FUNKY NIGHT
BAD MORNING
と続きました。
一旦ステージ袖へ引いた3人でしたが、アンコールで戻ってきた3人
YELLOW SUNSHINEを歌って帰っていきました。

三人がセンター花道に集まって星空のディスタンス
パンクバージョンのStand Up,Baby-愛こそすべて-で再度跳ね回りました

:まだまだいくぜ~
愛と幸せを桜井に焼酎坂崎には…猫のエサを
そして俺には幸せを~~

与えてくれ…って事なのかしらという感じのフリで
SWEAT & TEARS
金テープが舞って1回目のアンコール終了です。

【アンコール2】

さくちゃん、黒帽子姿で登場
出てきた瞬間にギャ~ギャ~騒いじゃいました
さくちゃんの帽子姿は他のファンにも好評みたいです。
気分がよかったのか、色々とポーズをとってくれました

:このツアーでは色々とありました。
坂崎が声が出なかった時、桜井と俺で必死にフォローしてさ。
こいつ(坂崎)おしゃべりだから、喋れなくて辛かったと思うよ。
でも、そこにいるだけでALFEEとして成り立っちゃう(笑)

アコースティックバージョンのInnocent Love
至上の愛で2回目のアンコールは終了です。

【アンコール3】

三人とも先程の衣装で戻ってきました。
またさくちゃんの帽子姿を拝めるわ~←そればっかりやん

:今まで「ライブは続けられる限り…」と言ってきましたが
ずっとライブをやっていく
みんな、ついて来いよ

みんなでラジカル・ティーンエイジャーを歌いました。

サビ部分を歌ってる時、王子はセンター花道で固まってました。
双眼鏡を使わなかったから、全く表情がわかんなかったんだけど
私らの歌声を聴いてたのかしらん?

こんな感じで、完全燃焼した大阪ライブでした。

来年の春ツアーが待ち遠しいわぁ


ここから先はマサラーのツボのコーナーです。

またまたマニアックな事を書いてますので、興味のある方のみご覧下さいまし。
マサラーのツボコーナーへようこそ

【その1】

Innocent Love

今回はアコースティックバージョンという事で、ベースなしのさくちゃん。

普段滅多に見ることのない、感情をこめて歌う姿をたっぷり堪能できます

スタンドマイクを持ってみたり、お腹に手を当てたり…

ダンディな帽子姿が余計そそります(何を?)


【その2】

SWEAT&TEARS

今回も坂→桜→高のスイッチボーカルバージョン。

自分が歌わない時は踊りながらベースを弾いてますが

今日は子供のようにはしゃいでました。可愛すぎます


【その3】

BEAT BOYSの最初のMC
BAD MORNING


この2つには共通点があります。

それは…お子ちゃまは見ちゃダメという位のアダルトな腰つき(*ノェノ)キャー

もー、たまりません。
関連記事
この記事のURL | ALFEE | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://okirakudaidai.blog72.fc2.com/tb.php/249-196e595a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。